現役アナウンサー直伝!「また会いたいと言われる会話術」
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心を動かす声ヂカラ!

こんにちは。好感トーク&会話アドバイザーの松下きみこです。


NHKのめざせ!会社の星「 声ヂカラ」 について取り上げていました。

挨拶・会議・プレゼンテーションなど、ビジネスにおける声の力と表現力は大切な要素なんですよ!


講師は・・・ボイストレーニングスタジオを主宰する楠瀬誠志郎さん。

ドラマの主題歌になった「ほっとけないよ」という曲がヒットした、シンガーでもあります。

なつかしい~にひひ


『人生と運命を変える声の育て方』 自分の「響き」をゲットできるレッスンCD付き/楠瀬 誠志郎

仕事ができる人は声が違う/楠瀬 誠志郎

さて、テレビでの内容を抜粋します。


宝石赤喉から声を出すのでなく、胸全体を響かせる・振動させる感覚で発声する。



一般会話であれば胸、そして響きを意識するでいいと思いますが、私としては・・プロのしゃべり手で

あれば体全体で意識したほうがいいと思います。



宝石赤喜びや感謝を伝えるときは、中域か少し高めの声で。

謝罪など反省の気持ちを込めたいときは、低域の声で。


これは喜びの気持ち、そして反省の気持ちになれば自然に声が高くなったり低くなるものです。


ただ、人によっては声の幅が狭く・・・気持ちが伝わりづらいトーンの方もいます。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


よく、声は変わりますか?という質問を受けます。

もちろん、変わりますよ!
私も新人アナウンサー時代と比べて、ずいぶん変わったと思います。

もともと、生まれもって美声の方もいますが!
声も、体と一緒で鍛えて、良くなるものなんですよね。


なかなか一人で鍛えるのも難しいものがありますが、まずは日々の意識から始めましょうニコニコ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ahanasikata.blog.fc2.com/tb.php/91-ca28cfcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アナウンサー松下きみこ:話し方講師

Author:アナウンサー松下きみこ:話し方講師
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。