現役アナウンサー直伝!「また会いたいと言われる会話術」
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり第一線で活躍中のプロは違いますね。

●やっぱり第一線で活躍中のプロは違いますね。


メーリークリスマス♪アナウンサー松下きみこ:話し方講師です。


現役アナウンサー直伝!「また会いたい」と言われる会話術


いよいよ、自己紹介添削・スピーチ特典も、明日で終了。


そんな間際に、嬉しい感想を、千川・大山・要町【子連れOK・ママヨガサークル講師】阿部幸江(あべゆきえ)さんが、寄せてくださいました!!


久しぶりに目から鱗がボロボロ落ちました!というコメントのほか、ブログでも、たっぷり、感想を書いてくれたのです。


全文ご紹介させていただきますね^^


こんにちは。千川・大山・要町【子連れOK・ママヨガサークル講師】阿部幸江(あべゆきえ)です。

ヨガインストラクターになって6年、自分でサークルを立ち上げて3年半近く立ちます。

でも考えてみると、「話すこと」=「仕事」です。

ということで、こちらを購入。

たった1分の自己紹介で、仕事が取れる方法とは?

現役女性アナウンサーが作った「自己紹介」に特化した教材です。

私、本や教材といった自己投資にお金を使う時はわざと「考えないで直感で買う」ようにしています。

(こうすると直観力が鍛えられるので)

このブログもたまたま見つけて「おっ!」と思って、即購入。

細かい記事やレビュー記事はななめ読み程度にしかながめただけです。

「ああ、自己紹介って大事よね」
     ↓↓↓
「自己紹介のマニュアルってそういえばなかったかも」
     ↓↓↓
「ここに気づくって、この人すごいかも」
     ↓↓↓
「現役アナウンサーさんなのね、信用できそう」
     ↓↓↓
「まあ、このくらいの値段なら買えるかな」
     ↓↓↓
「よし、買っちゃえ~!」

と思って、即購入。

この間、3分くらいかも(笑

で、私の直感は当たったのか、外れたのか…??




結果は「大当たり!」でした。

まず、自分が自己紹介をする機会が多いので、「自己紹介慣れ」していると思い込んでいたのだなということに気づきました。

自己紹介と自己PRの違い、なんて考えたことがなかったですし、この違いの重要性もまったく知りませんでした。

そして、自己紹介って「そもそも誰のためにするのか?」という根本的なところを考えたことがなかったことに気づきました。

他人様をお招きして、ヨガの楽しさをお伝えするという立場にいながら、こういうことを知らずにいたとはっ!

しっかり勉強させていただきました。

また、ものすごく勉強になったのは作者の松本さんの「場づくり」の方法。

私は立場上、「人に自己紹介をしていただくようにお願いすること」がとても多いです。

そういうときに「どうすれば、その方がリラックスしてその人らしさがでるような場をつくることができるのか」ということもわかってしまいました。

やっぱり第一線で活躍中のプロは違いますね。

12月25日までに購入すれば、その「プロ」が直接、自己スピーチ音声の添削」をしてくださるそうです。

これはすごい!

ということで、早速送ってみようと思います。

女性って、お買い物がうまくいくと、テンションあがりますね♪


阿部さん、ありがとうございます!!


私もこの感想を頂き、テンションがあがってしまいました(笑)


スピーチも添削もついている、今が、一番のお買い得だと思います。


特典は、明日25日で終了です。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ahanasikata.blog.fc2.com/tb.php/818-2bbc1b83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アナウンサー松下きみこ:話し方講師

Author:アナウンサー松下きみこ:話し方講師
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。